ポーランドでユーロ (EURO)からズヴォティ(PLN)に両替えするお勧めの場所

2016年から2017年の冬休みに、ベルリンから少し足を延ばして、ポーランドのワルシャワとクラクフで年始年末をすごしてきました。ユーロ圏外にいくと気になるのが両替。ポーランドはきっとドイツよりも安いはず!と期待をこめながら旅行をしてきました。ポーランドの両替所は、Kantorと呼ばれています。実はこの両替所、いろいろなところにあります。ワルシャワについたのが、クリスマスの翌日ということもあり、まずは少量駅前のKantorで両替をしました。ちなみに、駅前の両替所はレートがかなり悪いです。そこで、1週間すごして分かったお勧めの両替所を紹介します。(もちろんどの通貨からの両替もいいはずです)

 

市内での両替はダメ!

Krakowにいくと、Old Townの中に両替所がたくさん。外にはユーロからズヴォティ(タイピングが難しい)に両替する金額が表示されていたり、あるいは逆にズヴォティからユーロに両替する金額が表示されていて正直、すごく混乱します。どれがどの金額がわからない。実はこれ、Knatorの作戦です。お、ちょっといいレートかな、って思ってはいると、ズヴォティからユーロのレートで、実際はかなり悪いレート。後からちょっとこれ詐欺じゃない?って文句をいっても取り合ってくれませんので気を付けてください。(実は、翌日に騙されたーと思って駆け寄りました。)

では、どこで両替するのか?実はデパートの中の両替所が一番レートがいいんです。

2017年1月の両替のレートが、だいたい街中で一番ましなKantorのレートで1ユーロ=4.34なところ、デパートのフードコートの近くにあるKantorは4.38!!ちょっとした違いだけど、たくさん両替する人には大きな違い。少しでも損をしたくなかったらショッピングセンターで両替をするようにしましょう。ちなみに、Krakowのおすすめの両替所はKraków Główny(クラクフの一番中心地にある駅)のすぐ横にあるデパートの2階だったか、3階の両替所です。

kantor

さいごに

ポーランドが安い?と聞いて行ってみたものの、生活費は安そうですが、有名なブランドものなどは普通の値段です。ただ他のヨーロッパの国と同様、クリスマス後のセールで安くなっている商品もあるので、買い物も悪くない感じでした。もちろん野菜やビール、家賃はドイツに比べてもかなり安い。ポーランドの人たちはとてもフレンドリーなので、ドイツにつかれた人は旅行してみたらいいかもしれません。うまく両替して、ポーランドで楽しく過ごしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*